クリスマスの木

職場のリビングに、絵の具で描いた大きな木があるんです。
木というか描いてあるのは幹の部分で、四季に合わせて桜の花や緑の葉っぱを折り紙で作ったものを貼るんです。
レクリエーションの一環ですね。
結構大きいので、春は桜が満開でパーっと明るくなるんですよ♪

そんな木が先日クリスマス仕様になっていたんです。
緑系のいろんな種類の大きなリボンがたっくさん貼ってあって、モール?って言うんでしょうか、あのキラキラしたのを丸めて貼ってあって、隙間にも雪の代わりの綿がぽやぽやっと貼ってあって。
なんか私の説明じゃ全然伝わっていなさそうですが、とにかくすっごく可愛くなっていたんです。
聞くと職員の一人があるとき入居者さんと一緒にリボンを作って、木にせっせと飾り付けたとのこと。
いやーセンスの塊ですね 笑

あんなの全く思い付かない私はただ感激するばかりでしたよ〜。
リボンやキラキラの色合いもすっごく素敵だし、あれをああやって飾り付ける事を思い付くってのが素晴らしいですね。
どうやったらあんなセンスが身につくのかなぁ〜。